忍者ブログ
モータースポーツ(WRC・F1)、その他諸々・・・。
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 宣伝
    プロフィール
    HN:
    3104
    性別:
    男性
    職業:
    高校生
    趣味:
    モータースポーツ(観戦)
    自己紹介:
    ほとんど人が来ないので好き放題書けますが、読んでくれる人がいないので元も子もありません(笑)
    カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [08/14 CreelpTarry]
    [04/08 青葉緑]
    [04/07 3104]
    [04/07 KURU-MANIA]
    [04/06 青葉緑]
    最古記事
    ブログ内検索
    最新TB
    カウンター
    バーコード
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    F1日本GPは以外な展開になり面白かったし、WTCCももうすぐ来るし、スーパーGTももうすぐ最終戦富士だし・・・と、国内で盛り上がってくる時期になりましたが、一つだけ心配な日本戦があります。

    WRCです。

    この1年逃さず見てきましたが、どうしても結果だけ頭によみがえって来てしまいます。
    はっきり言って、どんな白熱した、フィンランドの時のような戦いになっても、ローブが勝ってしまえば、何も変わらない戦いだったという印象になってしまうでしょう。
    最早、「ローブの勝敗」という事そのものが、最大の関心事に近くなっています。
    これ程勝ってしまうと、プロセスを結果が全て打ち消してしまいますよね。

    ただ、本当はそうじゃなくて、「感動できるラリーだったか」どうかが、一番の問題なんだと思います。
    ローブが勝つ、勝った、というのはその条件の一つであり、根本的な問題では無いのです(と思います)。
    この前のコルシカで久しぶりに、ペターの渾身のフルアタック、という言葉を聞いて凄くうれしかったのですが、まさにこういうことだと思います。
    チームオーダーや走順操作で勝っても、ファンとしてはあまり・・・って感じですよね。
    フォードとしては必死なのは良く分かりますので、別に文句は全くありませんが。

    来るラリージャパンで、日本勢が結果的にどんな走りを見せるのか分かりませんが、私個人としては、全ステージ全開以外、何も望みません。表彰台ですら望まないです。結果としてついてくればもちろん良いです。

    さて、WRCはこのへんにしときます。これ以上語ると止まらないんで。
    雑記と称しましたので、1行くらい(笑)。

    食費の内、プロテインの割合が1割に近づいてきました(汗)。高いんですよ。 これだけです。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    まぁ、それが選手権というものでしょうからね。
    ポイント争いをしないような単発レースならそれも可能だと思いますけど、チーム争いがあればツール・ド・フランスのように1人を優先して勝たせるチームプレー行為があったり、
    ルマンのような耐久レースも、最後はスローペースになりますしね。
    マシンにトラブルが出たり、セッティングが合わなければ妥協しなければならない時もあるでしょうし。

    でも、チャンピオン争いが決定すれば全開アタックが見られるかも^^;
    ということは日本ではチャンピオンを目指すための最大限の作戦が取られるでしょうね・・・
    青葉緑 / 2008/10/14(Tue) /
    青葉緑さん
    そうですねー。
    おっしゃるとおりだと思います。
    まぁこういう行為に対しては否定的な気持ちはないです。
    チーム層の駆け引きみたいなものは普段なら楽しめる人間なんですが、ちょっと今この瞬間はあまり受け付けない感じです・・・。

    そもそもFIA等の運営やレギュなんかの段階で有利不利があったりしますから、私なんかが言えた話では無いんですけど(汗)

    日本は順番的にそういう作戦が取られてしまいますよね。
    素直に楽しみたいと思います。
    3104 / 2008/10/14(Tue) /
    無題
    そういう意味では、チャンピオン争いに関わらないドライバーやチームには全開で走って貰いたいですね☆
    もちろん、新井選手や奴田原選手などの日本人の活躍にも期待したいです^^
    青葉緑 / 2008/10/14(Tue) /
    無題
    現実的じゃないけど、レースが純粋な個人戦なら、見ている方も楽しいかも。
    ドライバーも全開で行きたい気持ちはあると思いますが、チーム戦である以上、仕方ないでしょうね。
    (RBRはゲームなのに全開にするのが怖いです)
    WRCはローブが圧勝なんですね。
    見ている方は物足りなくなる場合があるけど、それだけドライバーとしての集中力が凄いって事なんだろうなって感じます。
    Mシューマッハが圧勝した年、ちょっと物足りなさを感じながらも、引退したらそれも物足りないんだろうなぁと感じてましたよ。
    といいつつ、今年も予測不能な展開が多くて見入ってますがw
    SAT / 2008/10/15(Wed) /
    青葉緑さん
    スバルはホームラリーなので立場が微妙に違いますが、セッティングを決めることができたら、完全に完走狙いよりは、全開で行ってほしいですね。
    そう思ってる人も少しはいると思います。

    奴田原選手がエボXで出るそうですが、出来れば実際に見てみたいですねー。かっこいいです。
    3104 / 2008/10/15(Wed) /
    SATさん
    今のWRCは、比較的チームの力が大きくてドライバーの裁量権はあまり無いようです。
    もしかしたらチームオーダー無視とか今でもあるのかもしれませんが、聞いたこと無いですねー。

    ローブは本当に凄いと思います。勝利に必要なものをほとんど持っているドライバーじゃないでしょうか。
    まぁ圧倒的な人物がいればこそ、それに挑戦する者がいる訳で、それが勝負を面白くしているんですよね。

    F1もWRCもタイトル争いは同じような状況ですが、更なる波乱の予感はします(笑)。

    ラリーゲームでは、もう半分チキンレースみたいな感じで走ってますが(笑)、ステージは狭ければ狭い程好きです。
    RBR位リアルであれば、もっと恐怖が生まれるでしょうけど。
    3104 / 2008/10/15(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    次の参戦レース HOME FORMULA FORD - PRO CAREER(OPEN WHEEL) 10
    Copyright © 3104's Diary All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]