忍者ブログ
モータースポーツ(WRC・F1)、その他諸々・・・。
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 宣伝
    プロフィール
    HN:
    3104
    性別:
    男性
    職業:
    高校生
    趣味:
    モータースポーツ(観戦)
    自己紹介:
    ほとんど人が来ないので好き放題書けますが、読んでくれる人がいないので元も子もありません(笑)
    カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [08/14 CreelpTarry]
    [04/08 青葉緑]
    [04/07 3104]
    [04/07 KURU-MANIA]
    [04/06 青葉緑]
    最古記事
    ブログ内検索
    最新TB
    カウンター
    バーコード
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    c2767c99.jpg



























    最近流行りのこれ。 自分の説明書とは・・・・・。 よくも言ってくれたものです(笑)

    読んだことが無いので内容は分かりませんが、ABO式血液型による性格判断だと言うのは、知っています。
    そして、少なくとも私の学校の、私が話したことのある生徒は、そのほとんどがこれを信じていました。
    科学的見地からすれば、これの根拠は全くと言ってよいほどありません。
    さらに、これが通用するのは、「性格」に関係するものが、血液のABOのみ、という前提付きです。

    ・・・しかし、本当の問題は、そこではありません。
    この説が本当かそうでないか、というのは、2次的な問題です。

    私が学校でこんな風に訊かれたとします。

    相手:「ねぇ、3104君って何型?」
    私:  「B型」
    相手:「あー、やっぱり~」


    この会話から何が分かるでしょうか。
    私に訊ねた、この相手という人物は、
     
     ・「B型ということは、○○ということである」
     ・「B型であれば○○」

    という思考のループが出来上がっている、と言えます。

    そして、この思考のループ、というか「凝り」は、どの様な判断をするときにも出てくるものなのです。性格判断だけには留まりません。さまざまな場面で、この××は○○、という「暗黙の定義」は横行しています。

    これがどれだけ恐ろしい事なのか、理解できている人がどれだけいることか。
    大人の方は分かっている方がほとんどだと思います(もちろん、この大人とは、年齢のことだけではありません)。しかし、これから社会の中心となっていく世代が理解していなければ、非常に危険な状況になるのは目に見えています。

    要は、科学的思考力の欠片もない人間を生み出している、ということなのです。

    そして、だいぶ時代背景などが違うものではありますが、これの最たる例を私は知っています。
    ユダヤ人差別です。

    「我々はこんなにも困窮しているというのに、なぜ彼らは裕福に、幸福に暮らしているんだ」
    「彼らがユダヤ人だからだ」
    「ユダヤ人は他の民族から幸せを奪う」

    「あの人ってなんであんなに空気が読めないのかしら」
    「あいつはB型だからね」
    「B型は自己中心的だもん」

    ということが、言えなくも無いんではないでしょうか。
    一括りにすれば、問題が分かりやすく解決したような気になりませんか?
    まさにヒトラーはそこを利用(心底そう思ってたかもしれませんが)したのだと思います。


    とまぁ、またまた偉そうにぶち上げてしまいましたが・・・・(汗) なんでこんなに偉そうにしてしまうのか、自分でも分かりません。多分、怒りを感じているからだと思いますが。
    その、なんというか、今私が書いたことも、私自身が疑ってかかる、そんな精神が大事だということでしょうか。

    あれですよね、もしこの性格判断が本当だとしても、なぜ違う血液型同士のけなし合いになるのか。それも見えてきますよ。
    なぜそうなるのか、表面を見るのではなく、その行動心理に目を向ける、ということが、本当の「考える」ということだと思います。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    私は家族全員Bですが、私はOに思われたり、父はいつもAだと思われたりしています^^;

    血液型判断の科学的根拠はないし、RH+、RH-や他の分類もありますしね。
    でもA型は几帳面、Oは大雑把、Bは自己中心的、ABは変わっているといった、よく言われていることが信じる信じないにかかわらず知っている人が多くなったため、
    「自分はAだからA型のように行動する」といった心理が働き、統計を取ってもその傾向が出てしまうようになってきているそうです。
    「今までAだと思っていたけど、血液検査をしたらOだった」という人がたまにいますが、それまでAのような行動だったのがOだと知ってからOのように振る舞ってしまうなども良い例ですね^^;
    言い換えれば、「A型は大雑把なんだって」と言われ続けたA型の人は几帳面にならないかも知れませんね^^
    だから現在正確な血液型での統計を取るなら、一切これらの情報がない人を集めないと分かりませんね。

    ちなみに私は一切信じていません^^;
    青葉緑 / 2008/12/03(Wed) /
    青葉緑さん
    仰るとおりです。
    もし血液型で性格が決まる部分があるとしても(その可能性はあると思います)、ABOの括りだとは断定できませんよね。

    それに私もあの本の表紙を見て、そうか俺は心がもろいのかー(笑)と無意識に思ってるのかもしれません。占いみたいなもんですね。
    そういう意味では、人の運命を下らないもので左右している感じがして、強い怒りを覚えます。
    まぁ、細木数子みたいな人間が世間に認められてるという時点で、世も末だと思いますが。
    3104 / 2008/12/04(Thu) /
    無題
    ふむ、俺は占いどころか神すらも一切信じない人間だが、確かにこういうのって一種のマインドコントロール的なものでもあるよなー・・・。
    俺は自分の血液型はOで、以前血液型のTVで「おおらか」と言っていたときに、家族に「お前はおおらか通り越してズボラだ」といわれるほどの者だが、むしろ血液型に縛られるような人間にはなりたくないと思ったものだ。
    雨宮 隼 / 2008/12/06(Sat) /
    無題
    へぇ、O型っておおらかなんだ~(笑)
    絶対マインドコントロールだな。

    だいたい、人間の性格をたった4種類に分けられてたまるかって思うよ。
    マインドコントロールだから、なるべく聞く耳持たない方が良いね。知らぬが仏だよ。うん
    3104 / 2008/12/07(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    己に勝て!! HOME EUROPEAN V6 - Pro Career (Touringcar) 07
    Copyright © 3104's Diary All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]