忍者ブログ
モータースポーツ(WRC・F1)、その他諸々・・・。
2019 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 宣伝
    プロフィール
    HN:
    3104
    性別:
    男性
    職業:
    高校生
    趣味:
    モータースポーツ(観戦)
    自己紹介:
    ほとんど人が来ないので好き放題書けますが、読んでくれる人がいないので元も子もありません(笑)
    カレンダー
    05 2019/06 07
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    最新コメント
    [08/14 CreelpTarry]
    [04/08 青葉緑]
    [04/07 3104]
    [04/07 KURU-MANIA]
    [04/06 青葉緑]
    最古記事
    ブログ内検索
    最新TB
    カウンター
    バーコード
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    CRC3.jpg























    中国スバルの若手ワークスドライバー、畑野賢明選手の参戦する中国ラリー選手権のリザルトをお伝えしていきます。

    第3戦は北朝鮮にほど近い長白山というところで行われました。
    路面はフィンランドのような固くてスピードが出るグラベルロードですが、最高速度は160kmくらいの、コーナーが多いコースの様です。
    9月ですが雪が見られるほど寒い地帯らしいですね。
    今回はPWRCに参戦している日本のトップドライバー、奴田原選手もスポット参戦しています。
    3日間、DAY2の日程で行われ、初日にSSS1本、2,3日目にSS5本ずつの計11SSとなっています。

    SS1 池北二中超級賽段  1.00km

    これ、初日のSSSの名前ですが、凄いですね(笑)。
    「二中」とありますが、ホントに中学校の校庭をステージにしたようです。動画も見ました。

    DAY1 計150km
     終了時 畑野選手   11位(10位までの差:44秒)
                     奴田原選手   4位
    DAY2 計64km
     終了時 畑野選手    8位
           奴田原選手  リタイア

    無傷での完走、特に前回のリザルトの12位よりも上での完走を目標にされていたので、本人にも納得のいくラリーだったようですね。良かったです。
    奴田原選手は、元々他の選手の代走のような感じだったのですが、出場したチームの準備期間が短くなってしまい、マシンの状況も芳しくなかったようで、DAY2で燃料系のトラブルがでて終了となってしまいました。

    次回第4戦は資金面の問題で参戦できない模様ですが、12月に行われる第5戦には出られるようです。
    応援していきたいと思います。

    ※今回の記事の情報は、畑野選手と奴田原選手のブログから引用させていただいてます。

    畑野賢明ブログ→http://ameblo.jp/aki-rally/
    奴田原文雄ブログ→http://nutahara.cocolog-nifty.com/blog/
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    FORMULA FORD - PRO CAREER(OPEN WHEEL) 04 HOME ボーナスコード入れてみました
    Copyright © 3104's Diary All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]